インプラント費用16年08月31日16年09月23日admin

入れ歯や差し歯に比べると少々値の張るインプラント治療ですが、しかしその分永久的な耐久性、利便性がありインプラントにする方が増えています。

インプラントとは、人工歯と人工の歯根を使って抜けている歯を補う治療法です。
入れ歯や差し歯は歯茎に多い被せることで歯を作り出すので、取れやすくまた日々のお手入れが必要になります。
一方のインプラントは歯茎にネジのような人工歯根を差し込みそこへ人工歯(白い部分)装着します。根っこの部分がしっかり固定されているので、ぐらついたりすることはありませんし、歯根と歯は金具同士の装着になるので半永久的です。

インプラントは差し歯同様に、1本いくらという単位になります。各地域または歯科医院によって幅はありますが、だいたいが1本30~40万円の中におさまると考えておくといいです。
首都圏や都心部の方が高くなり、1本35万円~45万円となります。
何に一体そこまでお金がかかるのか、内訳をみてみましょう。診療代が3万円前後、インプラントを埋める手術代が35万円前後、人工歯が13万円前後となります。
歯茎を切開してと大がかりな手術になるので、やはりそのための手術費用がウェイトを占めています。差し歯は取れやすく、取れるたびに歯科医院にいかなければいけません、もちろんその度に費用がかかるわけです。
入れ歯にすると固いものが噛みづらくなります。数本であれば、インプラントにしてみてもよいかもしれませんね。